ペット予防医療センター大宮総合病院の跡地はどうなる?閉店理由と今後の予定情報

お出かけ

埼玉県さいたま市大宮区にあるペット予防医療センター大宮総合病院が2022年12月17日をもって閉店になります。

ペットを飼って入る我が家もそうですが最寄りにある動物病院が閉店になってしまうと中々新たに動物病院を見つけるのが大変ですよね。

当記事ではペット予防医療センター大宮総合病院の跡地はどうなるのか調査してみました。

ペット予防医療センター大宮総合病院の跡地はどうなる?

 

2022年12月17日でペット予防医療センター大宮総合病院が閉店になります。
ですが2022年12月21日から新たに「ペット予防医療センターNICOPET与野診療所」として継続されることになっています。

しかし併設されていた「トリミングサロンT-Design」は12月17日にペット予防医療センター大宮総合病院と同様に閉店となります。

ペット予防医療センター大宮総合病院は閉店になってしまいますが同じく他社ではありますが同じペット予防医療センターが継続されるので通われていた飼い主様にとっては新たに病院を探さなくてはいけないことはないので安堵できました。

 

ペット予防医療センター大宮総合病院の閉店理由は?

ペット予防医療センターは関東を中心に犬・猫を主として12総合病院で39の診療所を展開している動物病院ですが今回2022年12月17日にペット予防医療センター大宮総合病院が閉店します。閉店の理由はホームページで「諸般の事情により閉店」としか書いていませんでしたので詳しい詳細は分かりませんが分かり次第追記させて頂きます。

ペット予防医療センター大宮総合病院の跡地 今後の予定情報

埼玉県さいたま市大宮区堀の内町1-405-2アプローズ大宮1F

2022年12月21日よりペット予防医療センターNICOPET与野診療所として新たに同じ動物病院がスタートします。

ワンちゃん・猫ちゃんのトリミングを始め各種予防接種や健康診断など今までと変わらずペット予防センターとしての機能を保ちつつ継続される予定ですので安心ですね。

まとめ

ペットを飼われている飼い主様側からするとかかりつけ医の存在はかなり大きいと言えますね。
いざ我が家のペットに緊急な事態が起きた時にかかりつけのお医者さんいることで安心できる部分もあるからです。我が家の猫2匹も家族の一員として日々過ごしていますが最寄りに動物病院があり、緊急時のかかりつけ医としています。改めてペットの大切な命を預かっている以上責任をもって飼わなくてはいけませんね。

 

本日も最後までお読み頂きましてありがとうございました。

コメント